コ ス ト が わ か れ ば 建 築 が 見 え る!
 公益社団法人日本建築積算協会 関東支部
The Building Surveyor’s Institute of Japan from KANTO Branch


本部
募集事項
■認定資格
建築コスト管理士 建築積算士 建築積算士補
■2021年度 資格試験・更新講習
建築コスト管理士建築積算士建築積算士更新講習
■その他
メルマガ登録フォーム(無料)

メルマガ登録方法(PDF)
QRコードでも登録できます。
   
   

~各種イベント~
↑水曜講座の後継シリーズ
~関東支部について~
~各種記事~
~賛助会員・役員~
 
積算用紙
積算用紙(Excel版)が無料でダウンロードできます。
※計算式は入っておりませんので、直接Excelにて入力する場合は貴社にてアレンジをお願いします。
 
〒105-0014
東京都港区芝3-16-12 
サンライズ三田ビル
3階(本部内)


TEL:03-3453-9594
FAX:03-3452-4811
mail:kanto@bsij.or.jp

受付9:30~17:30
[休憩12:00~13:00]


※このサイトに記載されている全ての内容に関する権利は公益社団法人日本建築積算協会関東支部にあります。転載される場合には、必ずご一報くださいますようお願いします。
関連リンク
プライバシーポリシー
サイトポリシー
更新2022.01.24
関東支部からのお知らせ
   

新☆建築コスト管理士ガイドブックによる
          コストマネジメントeラーニングセミナーのご案内


コストマネジメントについての最新情報を学びたい方に
 eラーニングセミナーをお届けいたします。


■全国どこでも ご自宅や会社で、お好きな時間にご視聴いただけます。
■公開期間中であれば、何度でもリピート再生可能!
視聴期間:2022年1月17日(月)~2022年3月31日(木)

※詳しい内容はコチラをご覧下さい。
※受講申し込みはコチラから
   

試験参考図書『新☆建築コスト管理士ガイドブック』のご案内
新☆建築コスト管理士ガイドブック
■内容はこちら
目次
只今、本部・各支部にて販売中!
また、Amazonでも販売しています。

本部ホームページ

その他書籍のご紹介
   

(公社)日本建築積算協会「認定校」の紹介
■認定校とは
(公社)日本建築積算協会「認定校」とは、建築積算講座の受講および積算士補資格の受験ができる教育機関です。全国で61校(関東支部管轄では17校)が認定されています。学生に対し積算やコストの基礎知識を教育し、将来建築界を担う人材育成に取り組んでおります。
 ●詳しくはこちら
■認定校の紹介
 千葉職業能力開発短期大学校 公式ホームページ
■過去に紹介した認定校「認定校だより」(メルマガにて配信済)
 ●国士館大学

 ●中央工学校
   

『中大規模木造建築のコストマネジメント・ガイドブック』発刊!
『中大規模木造建築のコストマネジメント・ガイドブック』が発刊されました。
木造の基礎知識から積算事例まで幅広く網羅し、初心者でも中大規模木造建築とコストマネジメントの基本を体系的に理解できる内容となっています。


●詳しい内容はこちら
●目次はこちら
●ご購入の際にはこちらからお申込みいただけます。

中大規模木造建築ポータルサイトに掲載されました。
   

「あなたと建築」に関するアンケート結果報告!
昨年11月に行なったアンケートの結果をここにご報告いたします。
アンケート内容:「あなたが好きな建物」「あなたが携わった、印象深い建物」等を教えてください。
(※「建築と積算」新春号用にも掲載しましたが、掲載しきれなかった建物も含め、皆さまのコメントと共にご紹介いたします。)

●アンケート結果はこちら
●建物MAPはこちら

   

新人研修に最適の『建築積算実技』動画教材
昨年に引き続き、新人研修に最適の動画教材を提供いたします。在宅で研修用動画を視聴しながら、建築技術者に必須の技術である『建築積算実技』 を学べる内容となっています。
◇詳しくはこちらをご確認下さい。
◇お申込みはこちらからお願いします。
◇スマホからのお申込みはこちら→
   

トップページ用パノラマ写真募集!
「建築物」や「街の風景」を投稿して下さい。
あなたの撮った写真がホームページのトップを飾ります。採用された方には謝礼を進呈。
投稿フォーム
■容量:3Mバイトまで
優秀作品
※ホームページ掲載のため多少加工する場合がございます。ご了承下さい。
   

テレワーク/リモートワークに関してのアンケート結果報告
この度は、アンケートにご協力いただき、誠にありがとうございました。アンケートの集計結果をご報告させていただきます。

テレワーク/リモートワークについて、他社がどの様な対策をしているのか?知りたい人も多いのではないでしょうか。当協会に関わる皆様で情報を共有し、この状況を乗り越えましょう。

■テレワーク/リモートワークに関するアンケート結果報告
※自由意見設問に対し類似内容意見もありますが、皆様の生の声を参考にしていただくため、原文のまま掲載しております。