公益社団法人日本建築積算協会 関東支部
The Building Surveyor’s Institute of Japan from KANTO Branch

北海道支部 東北支部 東海北陸支部 関西支部 中国四国支部 九州支部

本部
募集事項
入会案内  書籍紹介
■認定資格
建築コスト管理士 建築積算士 建築積算士補

■2019年度 資格試験・更新講習のご案内
 建築コスト管理士試験建築積算士試験
メルマガ登録フォーム(無料) ■パノラマ写真募集中!■
QRコードでも登録できます。
   
けんせき掲載記事の執筆者募集!!
メルマガ登録方法(PDF)

~各種イベント~
~関東支部について~
~各種記事~
~賛助会員・役員~
 
積算用紙
積算用紙(Excel版)が無料でダウンロードできます。
※計算式は入っておりませんので、直接Excelにて入力する場合は貴社にてアレンジをお願いします。
 
〒105-0014
東京都港区芝3-16-12 
サンライズ三田ビル
3階(本部内)


TEL:03-3453-9594
FAX:03-3452-4811
mail:kanto@bsij.or.jp

受付9:30~17:30
[休憩12:00~13:00]


※このサイトに記載されている全ての内容に関する権利は公益社団法人日本建築積算協会関東支部にあります。転載される場合には、必ずご一報くださいますようお願いします。
関連リンク
プライバシーポリシー
サイトポリシー
更新2020.01.25
関東支部からのお知らせ
   

水曜講座 開催のお知らせ
建築基準法の令和元年改定について(DVD講習会)
・防火関連3規制の見直し・建蔽率緩和の対象拡大・防火床による区画の追加 等々

■日時:2020年2月26日(水)15:00~17:00
■受講料:個人正会員1,000 円 、非会員2,000円
■詳しくはこちら
申込みフォーム、FAXでお申込みのかたはこちら
   

告知:関東支部メールマガジンにて
    (公社)日本建築積算協会「認定校」の紹介がはじまります。

■認定校とは
建築積算講座の受講と積算士補資格の受験ができる教育機関です。
2019年12月現在、全国で61校、関東支部では17校が認定されています。
学生に対して積算やコストについての基礎知識を教育し、将来の建築界を担う人材育成に取り組んでいます。
■詳しくはこちらから
■まだメールマガジンに登録していない方はこちらからご登録下さい。(無料)

   

弘法山~吾妻山~鶴巻温泉(日帰温泉)ハイキングの様子

11月30日に行われた弘法山~吾妻山~鶴巻温泉(日帰温泉)ハイキングの様子です。小田急線の秦野駅から鶴巻温泉へと続くコース。緑豊かな林の多い道を進み、吾妻山を経由して鶴巻温泉へと下ります。温泉でのんびり一汗流せる絶好のコースでした。一日歩いたあとは美味しいイタリアンでの懇親会。晩秋の澄んだ空気、天候にも恵まれ、最高のハイキングでした!
ダイジェスト
スケジュール
   

首都圏外郭放水路見学会レポート

去る、2019年9月6日に開催された首都圏外郭放水路見学会のレポートです。

2019年10月12日から13日にかけて日本列島を襲った台風19号。首都圏外郭放水路は、最大約65万立方メ-トルの水をためることができ、今回はその最大量の水を貯めこみました。

首都圏外郭放水路見学会レポート
   

建築コスト管理士 試験結果発表

2019年度
建築コスト管理士試験
結果発表はこちらから

■本部ホームページ

http://www.bsij.or.jp/index.html
   

~動画教材のご案内~
建築積算士補のための積算実技講習
 ※繰り返し見たい方はこちら

■建築積算士補および学生を対象として、動画を作成しました。

■販売価格 DVD2枚セット
・建築積算士補および学生には、特別価格1,000円
・それ以外の方には、一般価格12,000円

■詳しい内容はこちらから ※サンプル動画あります
   

■パノラマ写真募集中!■
 「建築物」や「街の風景」を投稿して下さい。
あなたの撮った写真が関東支部ホームページトップを飾ります。採用された方には薄謝を進呈。
投稿フォーム
■容量:3Mバイトまで
採用作品
※ホームページ掲載のため多少加工する場合がございます。ご了承下さい。
   

けんせき掲載記事の執筆者募集!!

会誌「けんせき」「建築と積算」の裏面)の執筆者を募集しております。
~テーマはこちら、お好きな方をお選びください~
(1)私の趣味と私の仕事
(2)北から南から ジモトのはなし

・1ページ分(1,200~1,400字程度)
・採用された方には謝礼を進呈しいたします。
・先ずはこちらのフォームからお申込み下さい。
→事務局からメールにて「執筆依頼書」をお送りいたします。それからの執筆活動となります。どうぞよろしくお願いいたします。
■過去の記事はこちら